読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vol.15(14年10月)

f:id:busyoan-uzla:20170124215043j:plain

第15回は『滝響』(そうきょう)
水彩画の作品です。

苗名滝(なえなたき)は、長野県と新潟県の境にあり、
「日本の滝百選」に選ばれています。
米どころの高田平野を流れる関川の上流にあるこの滝は
落差55mで、瀑布の轟が地震にたとえられて
地震=なゐ」から「ないの滝」が「なえな滝」になったとか・・・
しぶきを上げ、こだます水音の迫力はまさに『滝の響き』

訪れた日は時雨模様で、滝の上は霞んでいました。
霧雨を集めるように崖を落ちる滝のすがたは、
気の遠くなる時を経て、水が作りだした柱状節理の玄武岩
岩肌と調和して絵心を誘います。

「滝の音」にテーマを絞って、滝と岩壁を単色で描きました。
「音」「時」を表現するには、まだまだ時間が必要です。

 

*****

 

広告を非表示にする