読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vol.16(14年11月)

f:id:busyoan-uzla:20170124215316j:plain

第16回は『紅葉』(もみじ)
日本画の作品です。

古より歌に詠まれている「竜田川」は、「紅葉」の名所です。

ちはやぶる 神代もきかず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは
在原業平古今和歌集

嵐吹く 三室の山の もみぢ葉は 竜田の川の 錦なりけり
能因法師(後拾遺和歌集

この二首は、
川一面に映る「紅葉」
川一面を覆い尽くし流れる「紅葉」
「錦」にたとえられる「紅葉」を思い描かせます。

赤ちゃんの手のひらにもたとえる「もみじ」は
カエデ科カエデ属
しげしげとながめると、5裂または7裂で美しいかたちをしています。
さらに魅力は黄、橙、赤、深紅と暖色系の多彩な色でしょう。
春の新緑、夏の深緑も良いのですが、秋が深まり
梢から離れる前に燃え上がる色彩は格別です。

「紅葉」を描きたいと思い、竜田川を訪ねました。
あいにく台風の影響を受けた天候で、川の流れは激しく
肝心の「もみじ」は、色づくには少し早かったようです。
「紅葉」と静かな流れに思いを馳せ
今回の作品にしました。

 

*****

 

広告を非表示にする